常盤台らいおん整形外科【東京都板橋区常盤台の整形外科・リウマチ科・リハビリテーション科 | 各種保険・労災保険取扱 | 東武東上線ときわ台駅北口より徒歩1分】


骨密度測定装置

当院は、骨粗鬆症の診断、治療に力を入れています。

当院では、腰椎もしくは大腿骨頚部の骨密度をDXA法で測定します。

現在、手や踵などの各部位に対する様々な骨密度測定法が利用されていますが、特にDXA法は信頼性が高く、測定部位は腰椎が最適とされています。腰椎が強く変形しておられる方には、大腿骨頚部で測定いたします。この方法では、測定ごとの誤差が少なく、お薬など治療の効果を確実に判断することができます。

予約は不要で、測定後すぐに結果がでますので、当日ご説明いたします。

骨粗鬆症の診断には、現在の骨の強さをみる「骨密度測定」、骨の成分が血液の中にどの程度でているかをみる「血液検査」、ご家族やご本人に関する「チェック表」から、将来骨折する危険性を予測します。その上で、お一人お一人にあった治療法をご案内させて頂きます。

骨密度測定器

骨密度測定器